2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.28 (Tue)

「vs.~知覚と快楽の螺旋~」オリジナルバンドスコア

「vs.~知覚と快楽の螺旋~」オリジナルバンドスコア
作曲:福山雅治

フジテレビ系ドラマ「ガリレオ」より


ダウンロード、補足説明は続きから。


【More・・・】



ダウンロードは下のURLからどうぞ↓↓↓

http://www1.axfc.net/uploader/so/2917345

キーワード : Galileo




「ガリレオ オリジナル・サウンドトラック」より
「vs.~知覚と快楽の螺旋~」を再耳コピ&バンドスコア化してみました。
(2008年10月に掲載したTAB譜をもとに再耳コピ・再構築したものです)

ダウンロード後、譜面を見ながら下の補足説明をよく読んでください。
(楽譜の二次配布はご遠慮ください。)









○ 補足説明 ○


まず最初に断っておきますが、この楽譜は管理人が製作した完全オリジナルです。
多少のアレンジもあると思いますがそこはご了承ください。

譜面は Guitar Pro5 というソフトでつくりました。楽譜はPDFファイルとなっています。


演奏順序は
Intro → A → B → C → D → A → B → C → E
→ F → G → H → I です。

演奏構成はGuitar×2、Bass、Drums、Keyboard(Brass)の5人編成を想定してます。
以下、パートごとに説明。







~E.Guitar 1~
メインとなるリードギターパートです。

Introでのオクターブ奏法のフレーズは
音がブツ切りにならないように、ややスライド気味で。

A~Cはメインとなるテーマの登場です。

直前の6弦7フレのグリスは2フレ辺りから潜り込むようなグリスで。
ここのリズムは厳密に言うと「ンタータ」って4分→8分のリズムなんですが
個人的に飛び込む感じのニュアンスで弾くため、付点8分にしてます。


初心者の方に一応言っときますが、トレモロはあくまで
表記を省略してるだけであって音源では16分でしっかり鳴っています。





まずはゆっくりのテンポで1音1音しっかり鳴るように。
細かい奏法記号については下記URLのサイトも参考に。

TAB譜記号辞典


Bのハンマリングのフレーズはハシらないように。

Cの5小節目、1回目とは違い
4弦2フレからのグリスアップですがこれは僕の手癖です(笑)
ニュアンス的にはこっちの方が個人的に好みなんですけどね。

Eからはちょっとしたギターソロです。
ギター2人なら交代で弾いて掛け合いにするか
オク下を重ねてツインリード風に弾くなど色々試してください。


Fの後半は本来休符ですがアレンジしております。
デモ音源はMIDIの関係上、歪んだままですが
このフレーズをこもり気味のクリーントーンで弾くとめちゃくちゃ雰囲気出ます。
ここはアドリブで好きなように弾いてください。

あとはエンディングまで基本テーマを繰り返しです


余談ですがどうすればこのテーマがカッコよく演奏出来るか?
YouTube等で演奏動画を見るとやや淡白に聞こえる演奏が多いですが
決定的な違いは装飾音符やスライド等のニュアンスです。

特に初心者の方は原曲聞きながら楽譜を眺め、
1音1音どう鳴ってるか研究してみましょう
頭の中でイメージが浮かべばテクは自ずとついてくる・・・はずです。




~E.Guitar 2~
リードのE.Guitar 1に対して主にバッキングを担当。

曲を通して音色はクリーントーンか歪ませてもクランチくらいで。
アコギで弾いてもOKです。

Intro前半はリード&ベースとユニゾンでオクターブ奏法。
後半はピアノパート代用でブラスと掛け合いです。

C・Iはいわゆるクリシェの進行です。
半音で下降していくラインを強調すること。

Dの後半もピアノパート代用ですが
これは運指がモロ手癖なのでちょっと難しいかも

Fなどで出てくる「↑」の意味は
バラバラに弾きおろして、ジャラ~ンというタメを効かせます。


大まかなコードネームは以下を参考に。

【A】・【G】
| Em | A | A#dim | Em | ×2

【B】・【H】
| C | G | D7 | G | C | G | F#7 |
| B | B | B7 | B7 |

【C】
| Em | EmM7 | Em7 | A | ×2

【F】
| G/B | G/B | Aadd9 | Aadd9 |
| FM7 Bb7(b5)| Bb7(b5)| ×2
| CM7 | G/B | Aadd9 | Aadd9 |
| FM7 Bb7(b5)| Bb7(b5)| ×2
| N.C.| N.C.| N.C.| N.C.|

【I】
| Em | EmM7 | Em7 | A | ×2
| Em | D#aug | G/D | A | ×2
| Em |




~Bass~
原曲をもとに構築したほぼオリジナルのラインです。
雰囲気出したいなら指弾き推奨。

Aのラインは艶めかしく。
装飾音符の見落としがないように。
基本リズムパターンはドゥー↓ドゥー↑ドゥー↓ですが
ドゥー→ドゥー→ドゥー→にならないように。

Bからはややうねるようなラインが特徴です。休符が大事。

Cも休符が超大事ですがここは休符じゃなくて
ゴーストノートに変えてみると、またノリが違ってくるかも。

Hは少~し目立つ部分あるのでがっつり弾きましょう

Iは後半からベースに徹しながらリードギターとユニゾンする感じです。
前半とはコードが変わるのでそこも意識すること。




~Drums~
大体の雰囲気を残しつつ、若干簡易アレンジになってます。
原曲はボンゴかコンガのパーカッション系が
結構重要なパートだったりしますが
そのリズムを要所要所にいれても良いでしょう。

タムの使用頻度が多いですがB前のフィルインは滑らないように。




~Keyboard(Brass)~
以前掲載してたTABではギターで代用してましたが
やはり音域的な問題で埋もれてしまうので適材適所ということで。
ホーンセクションパートですが基本原曲のままです。




EやFなどにはキメの部分が多いです。
リズム隊は特に休符を意識しないと全くグルーヴが生まれないでしょう。



演奏デモとして音源をあげてますので、下の動画を参考にしてください。

※Guitar Pro5で打ち込んだMIDI音源です!※









以上、「vs.~知覚と快楽の螺旋~」のオリジナルバンドスコアでした。

ギター1本で弾くもよし、バンドでやるもよし。
いろんな形で演奏してみてください。

指摘、感想等のコメント、ぜひ待ってます!!




テーマ : 耳コピギターコード ジャンル : 音楽

20:57  |  「vs.~知覚と快楽の螺旋~」  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mimikopiscore.blog95.fc2.com/tb.php/429-e5c57ccd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。