2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2014.08.02 (Sat)

アンジェラ・アキ Concert Tour 2014 レポート

アンジェラ・アキ Concert Tour 2014
TAPESTRY OF SONGS -THE BEST OF ANGELA AKI

2014年7月20日(日)
宝山ホール(鹿児島県文化センター)


セットリスト、ライブレポートは続きから。


【More・・・】



1. 告白
2. Again
3. 輝く人
4. Every Woman's Song
5. Kiss Me Good-Bye
6. 心の戦士
7. 孤独のカケラ
8. TODAY
9. モラルの葬式
10. Rain
11. 愛のうた
12. This Love
13. 夢の終わり 愛の始まり
14. MUSIC
15. 手紙 ~拝啓 十五の君へ~

EN1. HOME
EN2. サクラ色
EN3. たしかに



-------------------------



10年という節目、また活動休止前最後となるアンジェラ・アキの全国ツアー
何気に聞いてたのですが、ライブ参加は初めて。


ツアートラック発見!!



毎公演書いてるらしい手書きメッセージ↓↓




会場はなんと満員御礼!
開演時刻になりアナウンス後、シンセが響くなかサポートメンバーが登場。
会場は2人を拍手で迎えるが、その直後ステージ中央からアンジェラが登場し
歓声とともに拍手がより一層大きくなる!!

ここ地味にアガりましたねぇ。



1曲目はディレイギターが印象的な「告白」
会場からの手拍子が終始凄かったです。


演奏サポートはドラムに村石雅行さん、ベースに沖山優司さん。
3人というシンプルな演奏構成でした。


間髪入れずに「Again」
間奏では沖山さんベースソロ。
前に出てオラオラ弾いてたけど最後キチンと礼してる姿が素敵でした。



活動休止についてとか色々MC。
本人も言ってたけど話長かったです。笑
MCというより小話。芸人並みのトークスキルでした。
『常連さんも、「手紙」しか知らない人でも今日は大丈夫!』とか言ってた。笑



アンジーはアコギを弾きながら「輝く人」
この曲、沖山さんはギターを弾いていて
原曲にはないサビでの対旋律のようなギターが良い仕事してました。


まさかの選曲だった「Every Woman's Song」
個人的にメロが凄く好きな曲なんで聴けて良かった。


2番からリズム隊が入るアレンジで「Kiss Me Good-Bye」
アウトロでの2人のコーラスが良かったです。

前のめりなベースと力強さを持った「心の戦士」
アンジーはイスにちゃんと座ってないというか
非常口の人みたいな体勢でピアノを弾く姿が印象的。




メンバーは捌けてMC。
自分の歌が街中で流れてるのを初めて体験したのが鹿児島だったとのこと。
嬉しくてその音追っかけたらパチンコ屋にたどり着いた話は爆笑でした。笑

スクリーンで秘蔵写真を見ながら赤裸々トークショーなるコーナーが。
生まれた徳島での話、おばあちゃんの話などなど。
おばあちゃんの蝶の話は印象的でした。
村石さん、沖山さんが登場して鹿児島弁トークもあったような。
長かったけど退屈しないし、グダらないしなんか感心しました。笑




ゆったりピアノでジャズアレンジされた「孤独のカケラ」
(実はアンジェラ・アキで一番好きな曲)
Aメロはテンションや転回形で全く違うコードアレンジに。
サビ直前のタメは生で聴くとヤバかったですね、ホント。
2番からはブラシでのドラムとアップライト・ベースが加わりまさにジャズ。
間奏ではスウィングのリズムになり、アンジーのアドリブピアノもあり。



シンセドラムにシンセベースで
ダンスミュージック風なアレンジの「TODAY」
蛍光色のマントにサングラスをかけてノリノリでした。


アンジーは捌けて、村石さんの単体ドラムソロ。
もう拍手喝采でした。
その後ドラム×ベースのセッションもあり。


衣装チェンジしたアンジーが登場し「モラルの葬式」
前曲「TODAY」とのギャップもあり、ダークな感じが映えてました。
もうただただ圧巻。村石さんのドラムも最高。
ブレイクして囁くような「話し込んでいる・・・」はドキッとしました。
ステージ上のオブジェに演奏とシンクロして歌詞が流れる演出もあり。




メンバーは捌けてピアノ弾き語りでの「Rain」「愛のうた」
目を瞑って聴ける安心感と歌唱力をただただ堪能できました。

「This Love」のサビ入りのとき上を指差すあの動作も。
間髪入れず「夢の終わり 愛の始まり」

アンジーはピアノではなくアコギで「MUSIC」
ピアノがないだけで曲ってこんな印象変わるんだなと思いました。
リズムもちょっとサンバっぽかったような。
会場にハモりパートを歌わせたり、ブレイクしてからのフェイクも凄かったです。


ラストはピアノ単体での「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」
2番後は自然と手拍子が起きてちょっと感動した。




本編終了し、アンコの手拍子が起きるとスクリーンが登場。
10年の活動を振り返るビデオが流れました。
デビューまでの挫折、初ワンマン、武道館ライブ
近年のスランプ、これからの挑戦...

そんなビデオの流れからのデビュー曲「HOME」
弾き語りでしたが噛み締めるようで素晴らしかったです。


バンドメンバーを入れて、再出発の意味を込めた「サクラ色」
ラストは会場総立ちで「たしかに」
スマホのライトを付けて振るように会場へ促したり
世代別にラララの合唱があったり。

最後は深々とお辞儀をして去っていくアンジー。
以上、全18曲文句なしのライブでした!!




今回の全国ツアーをもって無期限の活動休止となるアンジェラ・アキ
ちょくちょく聞いてはいたのですが
「なぜ今までライブ行かなかったんだ」と自分を呪いたくなるほど素晴らしかったです。

最低限の演出と最高の演奏。
本当に音楽で勝負してきてる感じがしました。

こんなに満足したライブだったのに、
まだまだ高みを目指して挑戦する姿もアーティストとして素晴らしいですしね。
また帰ってきたとき素晴らしいライブを見せてくれることを祈って。

本当に良い夜でした。
以上、書き殴りライブレポでした。




テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

00:00  |  LIVE レポート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mimikopiscore.blog95.fc2.com/tb.php/485-dec52fd9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |