2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.21 (Fri)

フジファブリック LIVE TOUR 2014「LIFE」 レポート

フジファブリック LIVE TOUR 2014「LIFE」

2014年11月15日(土)
鹿児島CAPARVO HALL


セットリスト、ライブレポートは続きから。


【More・・・】



1. Gum
2. シャリー
3. Sugar!!
4. 徒然モノクローム
5. WIRED
6. 地平線を越えて
7. efil
8. 赤黄色の金木犀
9. ブルー
10. 若者のすべて
11. 卒業
12. カタチ
13. 夜明けのBEAT
14. バタアシParty Night
15. Magic
16. 星降る夜になったら
17. LIFE

EN1. sing
EN2. 祭りのまえ
EN3. 銀河
EN4. STAR



-------------------------



2年ぶりの鹿児島公演!
FAB STEPツアーより1年ぶりのフジファブリックのライブです!!






開演18時半を過ぎて「リバース」をSEにメンバー登場!!

カウントから始まったのは「Gum」
アルバム同様、やんわりと幕開け。
目を瞑り丁寧に弾く加藤さんが印象的でした


ドンシャリなイントロから「シャリー」
総くんの奇天烈リフはアームのアクションも相まって格好良かったっす
あまり聞こえなかったけど加藤さんちゃんと「ワン!」言ってました
アウトロのテンポアップもしっかり再現。

「Sugar!!」は全力で跳んだ為、あまり記憶が。笑

続いて「徒然モノクローム」
ギターは2人なのでイントロは交互フレーズ、
Bメロの細かいフレーズを名越さんが弾いてて充実してました。
ギターソロは総くんが担当。


休むことなくアッパー続きで「WIRED」
「一人ぼっちじゃない気になんのかい?」のとこ
”がなる”ように歌ってて格好良かった。
キーボードソロはこの曲の暴れポイントでしたね。



名越さんとBOBOさんの紹介MC
10周年ということで祝ってもらいに全国まわっておりますと総くん。笑



不穏なシンセからの「地平線を越えて」では
総くんと名越さんのツインギターソロあり。


「efil」ではイントロの照明演出がカッコよかった。
総SG&名越レスポ&加藤ドロップDがヘヴィすぎて
ダイちゃんのメロが聞こえない聞こえない(笑)
後半のテンポアップも格好良くてライブ映えする曲でした。


ややテンポ遅めで「赤黄色の金木犀」
もうなんでしょうね。噛みしめるように聴かせていただきました、はい。
リードやスライドのフレーズは名越さん。
あの叙情的なキーボードソロを生で見れて感無量。

個人的な思い入れもあるけど、この曲のCメロ(期待外れな程~)は
足立さんのドラムが印象強すぎてもはやドラムソロだと思って聴いてましたからね。
BOBOさんは少し変えて叩いてましたが
盛り上げの重要なとこなのでそこだけ少し物足りなかったかなぁ



久々に演奏できて嬉しいと四季盤の話も。
デビュー当時は毎日スタジオなどで忙しく
当時リプトンのミルクティーをよく飲んでたと総くん(笑)

「ニットの貴公子」とダイちゃん紹介あり。

雑誌のインタビューなどでも話していた
なぜフジファブリックを続けていくのかについての話も。



緊張感あるピアノから「ブルー」
アウトロはCDよりも長い総くんのエモーショナルなギターソロ。
その裏で名越さんはフランジャーのエグい音を。
ドラムも暴れ出すなか、リズムを守り続ける加藤さんの集中力に感服。


カウントからの「若者のすべて」
これも噛みしめながら聴かせていただきましたね、はい。
スライドやギターソロは名越さん。
スライドを嵌めてた為、サビはベースと同じ6弦のフレーズを弾いてたような。


アコギに持ち替え「卒業」
どこかフォークっぽさを感じる歌は伸びやかで自然と耳に入るようでした。
マレットで叩くどっしりとしたリズムに壮大さを感じた。


総くんのエレキから「カタチ」
個人的に「LIFE」で一番好きな曲ですが
ダイちゃんのグリスが心地いいこと心地いいこと。
最後サビの「暗闇で~」の歌詞が好きなんだけど間違えてて地味にショックでした(笑)



やっと加藤さん紹介。

鹿児島の思い出で危ない喫茶店(?)でカレーを食べた総くんの話。
焼酎は残らないと聞いてたけど翌日残ったダイちゃんの話とか。

モグライトをシャツ袖に隠して
腕が発光するチャンダイの小ネタも(笑)

音に反応して光るモードを活かして
BOBOさんが4つ打ちを刻んで
会場のモグライトを光らす場面も。

そのまま4つ打ちで「夜明けのBEAT」!!
ギターソロは総くんと名越さんが交互に。


休む間もなく「バタアシParty Night」!!!!
CDにはない総くんの16分コードカッティングがくっそ格好良いです。
「Round&Round~」のフリももちろんアリ。
ギターソロは総くんが担当。


続けて「Magic」
最後サビ突入前のOh~を会場へ歌わせてました。

「星降る夜になったら」
最後のサビは総くん、ギターを弾かずにハンドマイクで歌ってたな。


間髪いれず叩きつけるようなピアノリフから本編ラスト「LIFE」!!
総くんはエレキでギターソロ。
「どうしたらいいの?教えてよ~」後のギターフレーズは名越さん。
あと総くん、サビではギター弾いてなかったような気が。
アウトロはクリシェの進行でCDとは違う締め方でした。




一旦捌けてしばらくすると
総くんが単独で登場。

ツアーでやってない曲あると
ガットギターの弾き語りで「sing」

なんとイントロ出だしから珍しくミスるハプニングも!
「大丈夫、俺はプロだ。」と言い聞かせやり直し(笑)

「君をおもい」を「君がいるから」と歌詞変えあり。

「歌詞変えたの分かった?こんな野暮なこというとアレだけど...
いるから歌うんだ俺は!(ドヤ顔)」と総くん。
直後に「メンバーみんな早く出てきてー!」って照れ隠し(笑)

思いつきで歌うというライブならではの出来事でした。




空気は変わり、FABギターで「祭りのまえ」
CDでのコーラスパートはライブでどうするんだろうと思ってたけど
名越さんのボウイング奏法で代用。
これが曲の空間演出に一役買ってましたね。その後の歪みも最高でした。
キックに合わせた重低音ベースはストイックだけど
時折動いたり、ゴーストノートを混ぜたり。


「銀河」!!
イントロリフとギターソロは総くん。
カッティングとサビのオブリは名越さんでした。
アウトロはオルガンに負けじと総くんのフェイクが格好良かった


アンコールラストは「STAR」
やっぱりこのポジションだとえらい風格が出ますねこの曲。
最後だと思って存分に跳びました!


最後にもう一度したメンバー紹介では「志村正彦」の名前も。
以上、約2時間のライブでした!!





ツアーの度に思うけど、総くんの成長ぶりにホント驚かされますね。

一発目の「Gum」から感じ取れた気合は半端じゃなかったです。
「LIFE」を聴けば分かるようにボーカリストとして
歌いたいテーマや思いが明確になってきたのが影響してるんだろうな~と思います。

10周年マジックなのか、四季盤や過去の名曲も解禁してますが
思い入れのある楽曲は色々と込み上げてくるものがありました。
そういえば「LIFE」のなかでも「robologue」やらなかったですね。

あと「夜明けのBEAT」~「LIFE」のラッシュはヤバかったけど
全体的にテンポ遅めなのが少し気になりました。


つかの間、来週末はいよいよ武道館。
10周年の記念となる晴れ舞台をしっかり目に焼き付けてきたいと思います!

以上、書き殴りライブレポでした!!!




テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

16:20  |  LIVE レポート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mimikopiscore.blog95.fc2.com/tb.php/502-27f73bb5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。